Home >相続手続きは内容です >相続手続きは内容です

相続手続きは内容です

相続人全員の同意があれば、遺言書と異なる内容の相続手続きは可能ですか?被相続人が残した公正証書の遺言内容は、4人兄弟の1人だけに全て譲るという内容です
民法上では遺言書が優先するとなりますが、法定相続人全員が同意しているならば、遺言書と異なる内容の相続手続きを行うは可能です
一応、相続人になるというで説明したら納得してそろえてくれるになりました

相続が発生した場合、預貯金の相続はもちろんですが、不動産の名義変更も相続の対象です
①遺言でA・Bのそれぞれに相続財産の2分の1ずつをあげ、Cには相続分が無い、という相続分の指定がなされていたとします
(1)Cは、遺産の相続割合がゼロなので、ABで行う遺産分割に口を挟む権利も義務もありません

私たち姉弟と実父の新しい奥さん、そして相続人なですが向こうには子供がいるため、向こうの奥さん8割、6人が残り2割のようです
家庭裁判所などにそうだして法律どうりに要求したがいいです